nazo_4782.jpg
 金曜日はグリム・ミューの最終戦に加えてサムライ解放戦が開始。仕事帰りにプラスワンに足を伸ばしてプレイすると「オシャレ将軍」の称号をゲット。率直に言ってしまえばオシャレだね!を押して貰える人と実際にオシャレであるかはそこまで関係無い(さらに言ってしまえばシステムの性質上、プレイ数の多い人がどうしても有利になる)ので、オマケ的な称号かなと考えています。
 前述の通り、プレイ数の多い人が有利=よく見かけるということであり、トナメLimitedを覗くとオシャレ称号持ちのバーゲンセール状態になっているのは必然かなと思いました(^_^;

nazo_4783.jpg
 購買部にもアイテムが追加されていましたが、今回もあいさつコメント単語の追加は無し。暁のアイテムのように1回だけ追加してそれっきりだったりしたら、ちょっと悲しいものがありますので、今後に期待したいと思います(´・ω・`)
 ちなみにアイスソード系に「殺してでも うばいとる←」ネタはありませんでした(謎)

nazo_4784.jpg
 グリム・ミューの前に少年漫画検定を。予想通り、時代によって得手不得手が極端で、SSSまで5クレかかりました。比較的最近の作品を回収するために、もう少しやり込んだ方が良いのかもしれません...(^_^;

nazo_4787.jpgnazo_4788.jpg
 毎度おなじみのスタンプはこの2つ(左がA、右がSS)。Aのハルトはともかく、SSのヴァニィは使い所がよく分かりません(^_^;。個人的にはスタンプよりもSSSの通り名「私のQ力は530000です。」の方がストライクでした。

nazo_4785.jpg
 グリバスに移行すると、説明が変わっていることに気付きました。最初のうちはグリバスに色々なルールを作るつもりだったのかも知れませんが、ネタが出なかったのか、バランス取りが上手くいかなかったのか、とにかく討滅戦と防衛戦の2つと明言されるようになってしまいました(^_^;;

nazo_4786.jpgnazo_4789.jpgnazo_4791.jpg
 現在は経験値2倍キャンペーン中で、経験値に比例してボコスカードのパワーが上昇する仕様も手伝ってメモリーはサクッと集まりました。とはいえ、レベル1では貧弱すぎて足を引っ張るのは明白なので、まずは他のジョブで経験値を稼いである程度レベルを上げることに専念することに。2倍キャンペーン=選ばなかったジョブでも従来の選んだジョブと同じ早さでレベルアップするので、最初のうちはレベルもサクサク上がっていきます。

nazo_4792.jpg
 レベル24から実戦投入開始。選んだジョブのボーナスが加われば普段の4倍の経験値となるので、20代でもサクサク上がります。もっとも、基本的に他の方の選んだジョブに合わせて決定するタイプなので、既にサムライが選ばれている場合は他のジョブを選ぶため、いつもサムライを使っていたわけではありませんが。

nazo_4793.jpg
 土日のプレイで何とかレベル30のソードマスターに到達。

nazo_4790.jpg
 何となく、ステータスの比較表を作ってみる。サムライは攻撃力はファイターを少々上回るトップ、運はぶっちぎりのトップですが、体力はヒーラーを少し上回る程度、他はぶっちぎりの最下位とまさに攻撃特化のジョブ...ではあるのですが、コマンドが旧作のベルセルクやグラップラーと同様(スキルのパワーアップレッドがAPカットに変わっただけ)であるため、他のジョブと比べて特にコマンド選択のセンスが求められます。

 グラップラーの時にも書きましたが、初手で鬼力凶神(攻撃アップや回復アップ中でも容赦なく回数を消費していく)を使い、周りを顧みない捨て身の連発はパーティーを窮地に追い込み、ひいては自分の首を絞めるだけです。編成によっては初手に鬼力凶神でも有効というケースも無いわけではありませんが、かなりのレアケースだと思います。旧作で使い慣れた方はほぼ同じ感覚で使えるため問題無いでしょうが、そうでない方はサムライがどんな動きをするとパーティーに貢献するか、または逆に足を引っ張るか、行動を観察して自分で使う時の参考にして頂きたいと思います(^_^;

nazo_4794.jpgnazo_4795.jpg
 サムライがレベルに応じて強化されるコマンドは捨て身アタック(捨て身スラッシュ→凶鬼ストライクと変化)で、単純に攻撃力が増加していきます(比較画像は左がレベル30ソードマスター、右がレベル4サムライ)。HPの消費は旧作と同じく最大HPのほぼ25%なのは変わりませんので、リスクがある状況での乱用は厳禁です。特に今作は敵からの一撃が痛い状況が多く、HP満タンからの捨て身→敵の強攻撃でノックアウトという、あんまり笑えない終わり方も稀に見られました。
 回復アップMAX状態でのホーリーキングによるエクストラリジェネを重ねると、行動順に関係無く消費したHPをリカバリーでき、しかも殴られなければヒーラーとホーリーキングも攻撃に参加できる素晴らしい状況を作れますが、残り1枠をどうするかが悩ましいところ。自身のコマンドだけでなく、パーティーのバランスについても考えさせられる、色々な意味で難易度の高いジョブだと思います。

nazo_4774.jpg
 とりあえず最初に、宝石賢者・極の1レベル当たりの魔法石は14,000個のようです。天に到達するだけでも70,000個...この硬さは半端じゃないですね。上の階級ではさらに増えていくと予想されるので、最高階級と思われる宝石天賢者・熊に到達できるのはいつの日か...。

nazo_4771.jpg
 金曜日は主に人体検定にトライ。壁紙には現時点で未登場のグリム・アロエが表情といい手つきといい色々ヤバイとか、グリム・ミューが右手に苦悩の梨(拷問器具)っぽい物を持っているとか、解剖の教書を開いているグリム・リエルとか色々ツッコミどころ満載な点が素敵です。グリム・マラリヤが赤面しながら見ていますが、ここにノーマルなマラ様がしれっと混ざっていたら、それはそれで面白かったのではないかと思ったのは秘密です(^_^;

nazo_4772.jpgnazo_4773.jpg
 出題範囲は人体そのものの他、関連する学者等の名前、医薬品が中心。地味に医薬品の新問が多く、特に薬品名のキューブや製薬会社との線結び・グループ分け辺りが壁となり、SSSは少々苦労しましたが、金曜日中にはクリアで今回のスタンプはこの2つ(左がA、右がSS)。どちらも使いやすく、特にSSのアロエスタンプは感謝・喜びの両面で使用可能な汎用性に加えて絵的にも非常に可愛らしい素晴らしいスタンプです(´Д`*)。特にアロエ使いの方は是非とも入手することを強くお勧めします(`・ω・´)。

nazo_4775.jpg
 土曜日は主に通常のトナメに出撃。Limitedの方が石は確かに美味しいのですが、かなり百人一首なので回数と比較して得られるものが少なく(元々苦手な芸能・スポーツは低難度でも分からないものが多かったため、色々と得るものはあった)、23日の大会を考えると普通のトナメで多少なりともカンを戻しておいた方が良さそうと思ったためです。
 実際、予習でも全ジャンルの星上げ中である現在、アニゲを全く研いでいないために自選の精度が大幅に低下しており、最近のトナメだと武器形式限定でも正答率が90%に達しなくなっているであろうことから、大会に出て行くなら武器の研ぎ直しは急務だと考えています(´・ω・`)

nazo_4776.jpg
 そして日曜日は池袋のROUND1 CUPへ遠征。距離的には近場に栗橋(その気になれば自転車でも行ける)があったのですが、霧島葵さんが参加した去年の話(参加者7名(^_^;)から考えて栗橋と比べて池袋ならG2以上成立の可能性が高いこと、ついでに有明夏の陣のカタログ購入と秋葉原でボンバーガールのロケテに行こうと考えていたこと等からです。
 予想通り、参加者21人でG2成立となりましたが、手薄だった宇都宮と比べて層の厚いこと(^_^;。とはいえ、苦戦は最初から覚悟のことなので頑張るしかありません。

nazo_4777.jpg
 1回戦はダミープレイヤー(おおはましんけんさん)混じりの上位2人抜けという有情な組み合わせ。さとりのべんとうさんは明らかに格上、かつ苦手ジャンルの使い手なので大崩れにだけ注意して2位抜けを狙いましたが、自選の自爆も祟ってグダグダな展開に。目論見通りではありますが、普通に4人対戦ならそのまま終了してもおかしくないダメダメっぷりでしたorz

nazo_4778.jpg
 準決勝はダミープレイヤー(引き続き、おおはましんけんさん)混じりの1位抜け。接戦の末に2位で準決勝敗退となりました。勝負を決めたのは、これまた自選の自爆orz。今後、G2以上を優勝して通り名を貰えることになったら、「ボンバーキング(自爆王)」(byハドソン)を希望したくなりましたo...rz

nazo_4779.jpg
 というわけで、私の出番はここで終了でしたが、優勝はさくらうちリコさんでした。参加した皆様、お疲れ様でしたm(_ _)m

 と、ここで栗橋はどうだったのかとデータをチェックしてみると、途中経過でかなり盛況な模様。数えてみると、参加者は29人...

どうしてこうなった...
`___
/∥ ̄∥ ∧∧
L∥_∥ (  )
| ̄\三⊂/ ̄ ̄/
|  |( /  /
どうしてこうなった!?
`___
/∥ ̄∥ ∧∧
L∥_∥ (^ω^)
| ̄\三⊂/ ̄ ̄/
|  |( /  /
.
どうしてこうなった
 どうしてこうなった
.
`___ ♪ ∧∧ ∩
/∥ ̄∥ r(^ω^)ノ
L∥_∥ └┐  レ―、
| ̄\三/ ̄/ _ノ⌒
|  |/ /(_(  ♪

 前年の閑古鳥が嘘のような栗橋大会の大盛況。もし私か霧島さんのどちらかが誰か1人連れて栗橋大会に参加すればG1成立。23日には群馬・栃木では目立った大会は無かったのは確かですが、まさかそれで栗橋に人が集まるとは全く考えていませんでした(^_^;

nazo_4780.jpgnazo_4781.jpg
 その後は秋葉原に移動し、コミケカタログを購入した後、レジャラン秋葉原でボンバーガールのロケテに参加。ePassは使用可能ですが、PASELIは使用不可な上に300円2クレ(200円3クレの間違いではない)という、なかなかのロケテ価格でしたが、そこそこ人が居ました。最初は操作だけで手一杯でチャットは勿論、スキル周りもなかなか気を配れませんでしたが、慣れてくると従来のボンバーマンとはまた違った楽しさがある...かも?という感じでした。残念ながら、ロケテの2プレイでは殆ど分からなかったというのが正直なところですが(^_^;

nazo_4766.jpg
 プレイすると、日曜日で終了したグリム・アイコマヤのランキング発表が。ただ、前回のランキング戦と違って報酬の予告は無かったので順位発表で終わりかと思いきや、続けて順位報酬の授与が。

nazo_4767.jpgnazo_4768.jpgnazo_4769.jpgnazo_4770.jpg
 詳細についてはこれを書いている時点で発表がありませんが、前回と同様に500位まで、1000位まで、5000位まで、9999位までと思われる報酬を左から並べました。

 前回のようにルールの穴を突いたカオスなランキング戦になるのは問題ですが、発表無しで報酬を配るのもまたどうかと思うのが正直なところです。報酬内容は秘密でも良いので、ランキング戦自体は今回もあることくらいは発表しても良かったんじゃないかと。...まぁ、もう配られてしまったものは仕方無いので、後日の掘り出し物市でこのスタンプが販売されると入手時期の違いこそあれど、最終的には落ち着く...といいですね(^_^;

 土日はLimitedとグリバスの往復だけだったので省略。月曜日はグリム・ミュー、理系Limited同時開催と普通であれば結構大変なスタートになりそうでしたが、今回は祝日につき両方ともたっぷりプレーすることができました。

 まずはグリバスから。スポーツLimitedで経験値チケットを999%まで溜めておいたので、上手くいけばアイテムの回収が非常に楽になると踏んで
nazo_4761.jpg
 なにこれかわいい(´Д`*)
 基本的に表情の薄いミューですが、グリム・ミューは無邪気さ全開で常に笑っています。オリジナルとのギャップ萌えという意味では、これまでのグリムと比較しても突出しているように思います。しかも服はあざとさ全開の白スク+パーカー(?)、破壊力は抜群です(´Д`*)

nazo_4762.jpg
 グリム体はイルカ。報酬アイテムは全体的に汎用性の高いものが揃っていますが、個人的に目を引いたのはサンダースのスタンプ。これまでのサンダースのスタンプは「ありがとう」「ドンマイ!」「我が前に敵無し!」「共に戦おう!」とグリバスで使う基本的な言葉がある程度揃っていましたが、今回の「すまぬ!」が追加されることでサンダースのスタンプだけで基本的なチャットが全て可能に。個人的にそこまでする予定はありませんが、スタンプのキャラを統一したい方には朗報かと思います。

nazo_4763.jpg
 実際のバトルについては、正直かなり手強いです。攻撃&防御アップ、戒めの呪い、ホーリーウォール、HPバキューム、溜め攻撃といった、これまでのグリムの大技を全て使ってくる上に攻撃力が高く(FFSH編成では弱攻撃でも1000を超え、強攻撃では1600超、溜め強攻撃は満タンからの即死も十分有り得るレベル)、行動も素早いというスペック上は全く隙の無い相手になっています。
 反面、無邪気ゆえに戦いを遊びと捉えている節があることを反映してか、行動にはかなりムラがあります。序盤から矢継ぎ早に攻め立ててこちらを防戦一方に追い込んでくることもあれば、無駄なバフや序盤にバキュームといったこれまでのグリムには見られなかった行動を取ってくることもあります。良くも悪くもグリム・ミューの気分次第で難易度は大きく変わると言っていいでしょう。

 そして、お楽しみ(違)の大破画面ですが、
nazo_4764.jpg
 元々白スクでは破れる面積が殆ど無いためか、構図で勝負に出ています(謎)。グリム・メディアと似ているような違うような方向性でヤバさ全開です(更謎)。修正が入ったりしないか、少々心配になるレベルです(^_^;;

nazo_4765.jpg
 月曜日も従来とほぼ同じでLimitedでチケットを溜めてグリバスに出撃の繰り返しでしたが、魔人の濃さでは随一の理系学問、100点もしょっちゅう飛び出し、全答で落ちるのは日常茶飯事。240点ボーナスはこれまでのLimitedと比べて容易に入手できましたが、タイポを含めた凡ミスで簡単にコンビニ送りになるという意味では疲れるトナメだったと思います(^_^;

最近のコメント

アイテム

  • nazo_4794.jpg
  • nazo_4795.jpg
  • nazo_4790.jpg
  • nazo_4793.jpg
  • nazo_4792.jpg
  • nazo_4791.jpg
  • nazo_4789.jpg
  • nazo_4786.jpg
  • nazo_4785.jpg
  • nazo_4787.jpg

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4