2006年3月アーカイブ

に上がりましたが、昨日のあのゲージ状態から更に10クレ以上使いましたよ…やっぱり最後の最後はかなり固い…そして、参段の今、波動拳のケズリどころじゃなく固い!

アメリア先生「やった!ポイントアップよ!」
「嘘つけ!ゲージはピクリとも動いてないぞ!」

…って感じです(苦笑)

おまけ(とはとても言えない)
結構ギリギリでした
ほぼ新問が2問あったりで、16.00ギリギリで回答とか、結構ヒヤヒヤしましたが、何とかアニタイで100点ゲッツ。これで100点満点は3回目(^_^;

アイス
勝っても無効、負けるとペナルティは食らうような状況を1プレイにしないでくれ、コンマイ…。

 全国大会はそこそこ遊べる状態ではありますが、やっぱりトーナメントの方が熱いので、気分に応じて全国とトナメをシフトしてみたり。キャラによって箒の座り方が違ったり、そもそも箒じゃなかったりと結構芸が細かいのですが、個人的に笑ったのがサンダースのミサイルに立っているのと(柱だったら桃白白を連想したに違いない(笑))、白服クララ限定の

レイジングハート?マロン先生のバールのような(r

かなり、はっちゃけてます(^^;


おまけ(?)
三段目前
波動拳のケズリも増えないような状況でこんな感じになりましたが、こんな感じになってから結構プレイしている気がする…(^_^;

クリックするとサンダースの大きな画像(爆)

クリックするとシャロンの大きな画像

とりあえず、かなり遅くなりましたが、Leeさんのリクエストに一部お応えしてシャロンとサンダースを(謎)。


 さて、タイトル通り全国大会が始まったようで、鍍金な私がゴールデンに出ていったら、とても良いカモにされて帰ってきましたorz。最高記録11人抜き。まぁ、その影響でトナメが温くなっているかといえば、そんなこともなく、ケルベロスもほぼフルゲートの正常運転でボコられてペガサスに降格してみたり。

 とりあえず、SPは上位者にしか振る舞われないのなら、それこそ廃人専用モードじゃんと考えていたのですが、どうも1戦毎にボーナスが入るようで、2ch本スレの情報によれば
・ポーンリーグではいくら勝ち抜いてもSPは増えない
・ナイトリーグでは1位のみSP+1
・キングリーグでは上位からSP+3/+2/+1/0

 実際、ピコのSPも勝ち抜き人数に応じて増えていました。最高記録に関係なく、1人抜けばそれだけで+1で、4位でもSP自体にデメリットは無いようなので、普段予選落ちばかりの鍍金にはSPを稼ぐ良い機会なのかもしれません。上記のことから分かると思いますが、これだけの恩恵があるのはキングリーグのみ、しかも上位入賞者の発表もキングリーグのみという以上、ポーンリーグやナイトリーグにサブカで参戦して荒稼ぎという2でいうBリーグ荒らしの旨味はほとんど無くなったため、周りを見てみた限りではかなりサブカと思われる下位リーグ荒らしは少なくなっていたように見受けられました。勿論、完全にいなくなったわけではないようで、Bリーグ荒らしで有名だった人がナイトリーグで暴れているという報告もありましたけど(真偽は不明)。

 ちなみに今回の全国大会は、
・最初にジャンルを選択、そのジャンルの予習を1セット行なう(形式はランダム5固定)
・対戦相手発表。各人が選んだジャンルのランダム5を2問ずつ、8問で行なう
・勝ち抜ければその人数が加算、4位だとリーグに応じたペナルティ
・最初に選択した形式で再度対戦相手を探して同様に試合を行なう
・勝っても負けても2試合行なう

 予習6問・大会16問なので、合計で22問保証ということになりますか。予習1回固定なので、トナメで招集されるまで予習を何度もできる可能性を考えると微妙な気もしますが、前作の8問の1戦目で最下位敗退で終わりっていうのよりはマシといえばマシなのかもしれません。どうせなら決勝戦方式で3問4セットの12問にして、問題数をトナメを通した場合と同じ30問にしてくれたらと思うんですが。

 まぁ、何気に難問や新問が出やすい気がするので、SPも少し増えるし、問題回収も考えると全国大会もそれなりには悪くないのかもしれません。経験値は全く貯まりませんし、廃人3人に囲まれてボコられることも珍しくないので、不愉快になる場面も少なくないかもしれませんが(^_^;

このアーカイブについて

このページには、2006年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年2月です。

次のアーカイブは2006年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ピコ@アロエ

自作ツール関連

リンク

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4