EQの最近のブログ記事

 ディスクのチェックをして、ふと見つけたEverQuestのデータ。今は制限が掛かっているものの、基本無料となっているので、データが残っていることはまず無いだろうと思いつつ、4年以上放置プレイだったアカウントでログインしてみたところ、無料(厳密には従来の課金プレイヤーならFreeではなくSilverランクが維持されているようですが)ならではの制限こそかかっていたものの、キャラ自体は全員生きていたことに正直ビックリ。当時所属していたギルドの人は全て引退してしまったようで全く見かけません(別ギルドの人までは追えないのでそちらまでは未確認)でしたが、本当に懐かしく、楽しい日々だったと思います。

 帰っておいでキャンペーンで配布されていたのであろう、Goldランク30日券が配布されていましたが、この場で使っても仕方無いのでそれはそのまましまい込み、とりあえずはログアウト。いやはや、懐かしい時間でした。

 長いこと、仕事でばかりプログラムを組んでいて、趣味の世界で使っていた頃を思い出そうとばかりに、Visual Studio2005をこっそり購入。まぁ、親がW-ZERO3[es]の本体を引き出しにしまったままで勿体ないので、何かアプリを作ろうとEclipseを使おうとしたら、W-ZERO3ではローカルのファイルを扱えないらしいという、泣ける話に気づいたので、いっそC#で書いてみようと思ったのが本音ですがw

 そして時間が取れればEQも再開…といきたいのですが、またもや仕事がズンズンと上積みされてきてます。ちなみにアンアンの漫アゲトップテンはとうの昔に陥落して再度上れる気配も無いので、諦めました(^_^;

 まぁ、EQに話を戻して、Secrets of Faydwerも発売され、レベル上限が80になったので、1時過ぎながら、少しでも経験値を稼いでおこうとログインしたら、LeeさんからSoFツアーのお誘いが。光の速さで乗り、意気揚々とGGで…EQクライアントが落ちましたorz。再起動してみると、SoFのファイルの再ダウンロードがモリモリと始まり…ダウンロードがうまくいってなかったのねo...rz

 さすがにこれではどうにもならないので、Dragonscale HillsのGGポイントに飛んでいるであろうHibotanとYucariはあとでゲートで帰るとして、とにかく申し訳ありませんでしたm(_ _)m>LeeさんとTorteさん

 …土曜日こそは早く帰れるといいなぁ(^_^;

ここまでにいくら使ったやら…
Master Tailorの称号ゲット。

StoneのLootおよび中間材料の制作協力等、Thxでした(>_<)/

 先日の蛸皇帝王(謎)のRaidでYucariに頂いたBazu Stoneに大金を投入してAugmentを作成し、こんな手袋を作ってみる。本当に長い間使えそうな性能ではありますが、材料その他で約200kppが吹っ飛んだのは流石に痛い…。相変わらずAAAAはバザーで調達しようとすると高いですねorz。とはいえ、altの分まで人に製作の手間をかけるのも申し訳ないので、この程度は出さないといかんでしょうが。

 PovarJapanではVtFを倒したり、前述の蛸皇帝王を倒したりと、久しぶりに新しい大物をやって進行しています。空いている時間はAA稼いで…が基本ではありますが、HibotanとYucariの場合、最近はCazicに籠る機会が増えました。かつての超高難易度ダンジョンとはいえ、今となっては雑魚なら入り口近辺は全部Grey、奥のピラミッド頂上まで行ってもせいぜいギリギリLight Blueレベルで経験値稼ぎにはお世辞にも向いていません。では、何故籠っているのか?

 答え:生産材料集めw

 本命のTae Ew blood vialは鍛冶の修行用です。262まではSteppes Oreを集めてSmith Charmの粘土作成で上げる予定ですが、そこから先に碌なレシピがありません。勿論、ここで取れる材料にも限度はありますが、候補として挙がるのは全部一長一短なので、候補を増やせるに越したことはありません。ちなみに候補として挙がるのは、

--------------------------------------------------------------
DoN文化鍛冶(Master):
上昇率の高さがメリット。一方で材料が入手困難で高価な上、売ることもTributeにすることもできないので、材料費全額が自動的に損失になるのが問題。

キャベツ鎌:
300まで上げられるレシピの中で数少ない、材料の全てを店売りでまかなえるレシピなのがメリット。材料費の割に売値は安いが材料費と比較してそこそこTributeになるので、Tribute用と割り切れば大量生産しても困らないし、少量ならバザーに持っていってTribute用として売却することができる。一方で仕込みが絶望的に面倒なのが問題。

旧文化鍛冶鎧:
Frost Temperの材料の入手性がいまいちだが、バザーではそこそこ出回るので許容範囲。他はバザーで金を積めばどうにでもなるレベル。上昇率の高さも良く、高いTributeにもなるので金銭面での効率はトップレベル。問題は何気にRuined Bear Skinという普段はゴミにしかならん皮が材料に要求されることと、材料にImbued Ivoryを必要とすること。特に後者が問題で、Ivoryは店で買えない宝石なのでImbuedの物がバザーに適当な価格で出回るのは絶望的。人に頼むにしても100単位のオーダーなど迷惑以外の何物でもないので、結局は自分でBaribarianのShamanを育成する必要が出てくる。

Tae Ew Chain Tunic:
今回の本命で作る装備。Blood VialとENCで作るVial of Distilled Mana以外は店売り。ENCはギリギリレベルが足りるのが手持ちにいるので、Blood Vialさえ用意できればあとは全て店売りで済む。他にもレシピはあるが、Blood Vialだけ用意すれば良く、比較的高いTributeにもできるのがメリット。今更誰もCazicへ行かないのでBlood Vialの入手性が難点だが、DoN文化鍛冶ほどではない。Tae Ew Long Swordも考えたが、こちらはBlood Vialが1本で足りる代わりにScale Temperが必要になり、むしろこっちの方が面倒臭いのでChain Tunicにした。

Shadow Screamシリーズ:
かつて、作り続けたものの、500combine近くやって3しか上がらなかったトラウマがあるのでパス(^_^;;

--------------------------------------------------------------


 …というわけで、自分で集めやすいBlood VialのためにCazicへ、と。あと、主目的ではないものの、レアなFlawless Tae Ew Hideが2枚入手できれば、WT0.1 WR100%なバッグを作成できるので、作ってバザーに持ち込めば資金調達にもなるかなと目論んでいたりもしますが、ちゃんとAAも稼げとの声がどこからか聞こえてくる気がしないでも…(^_^;

 Ganさんのblogの随想より、

「ここしばらくPovar jpnではSKな人が超rare popになっちゃたね。いなくなって初めて居ないと困るのがわかったりして。Necな人は元々一人だし次ぎに危ないのはWarかな(@@」

 BSTなんて本当の本当に長いことHiboしかいませんよ・゜・(ノД`)・゜・.
元々、PovarJPNは皮クラスの1stが少ない(というか、TipoさんとHiboだけか?)上にHand to Hand武器を扱えるMNK/BSTはMNKが居ないため、実際問題出たらHiboに回って次からはハズレアイテム化。DRUは幸いにもaltが結構いるので、皮装備が出ても腐ることが少ないのが救いといえば救いですが、素手関係は…個人的に(PovarJPN的にでもだと思いますが)MNKやBSTの移籍者が来てほしいです(;ω;)

 …と、ここで言ってもしょうがないといえばしょうがないのですがorz

 さて、本日のRaidはAnguishでWHをさっくりと。前と比べてAEをかなりResistできるので、かなり短時間でできるようにはなりましたが、今日は人が少ないためか、AMVは無しで終了。デザートにSittonさんのaltのEpicのラストバトルをさっくりと。

 AnguishのRaid中にフェアリーやキノコに変身している人がちらほらいて、どうやら今日から始まったハロウィンイベント関連らしいので、Halasに里帰りしてハロウィン関連のアイテムを見てみる。

ちょwwww
 本当にこれが無料で配られるお菓子ですかw。Snackであることに目をつぶれば一級品の食料ですがな。

 変身用アイテムはまた別のベンダーが扱ってました。こちらも無料の模様。ただし、NO TRADEかつTEMPORARYなので死体に持たせるなどの手を使わないと長持ちしないのが欠点といえば欠点ですか。内容自体は非常にバリエーションに富んでおり、異性に変身するタイプのものもありました。

見た目は全部こんな感じ
 試しにHumanの海賊に変身してみる。

けっこうしっくりきてる?
 LoYで見かける女海賊ですね。持っている武器はHibotanが持ってる武器そのままなぐらいで、それ以外は全く同じです。

 ハロウィンクエストの方は今のところ、よく分からないのでパス。内容次第でトライしてみるつもりではいますが。

 Artisan Charmの性能は最高性能×((基本生産スキル平均-100)÷200)[ただし最低0]で計算されている模様。平均100まではステータス0で、そこから平均が2(合計で言えば14)上がると1%ずつステータスが上昇していくということになりますね。HPなど最高値が225というものですら、2上げるのに14の上昇を必要とするわけで、上限の小さいパラメータの上昇は更なる苦行であることが良く分かりますねorz

 昨日はDoD侵攻を久しぶりに再開して蛸皇帝(謎)にボコられてwipeした後、Fletchingの修行に励んでみました。

Shadow Tipped Acrylia Arrow(64combine) Skill250→253

 バザーでChunk of Consended Shadowを探すのもAcrylia Oreをかき集めるのも一苦労なわけで、試しに材料は店で揃うが大赤字と言われる弓の作成でどこまで上がるか試してみるつもりが…

Rough Shadewood Bow(?combine) Skill253→255
Rough Shadewood 1-Cam Bow(?combine) Skill255→268
Shaped Shadewood Compound Bow(?combine) Skill268→282

 CompoundはBowstaffに加工を施す道具を加えた方が9pp高く売れ、道具は10ppで何度でも使えるので、加えた方が損失を抑えられると判断し、追加。それ以前のレシピでも追加したほうが損失は抑えられたかもしれないが未検証。

 まぁ、店で買える材料の上限までやっちゃいましたw。この間にかかった費用は75kpp程。1回当たりの損失額は約120ppなので、600combine以上した計算になりますね(^_^;

 その後、何か使える材料は無いものかとPoKを歩き回ったところ、Brewingのベンダーで誰かが上限を達成したのか大量に処分されていたEnchanted Gold Barを発見。全部買い占めた後、OpalとBottleを買い求めて200個以上Brewing修行準備。作ったところで時間も時間なので、半端な分量だけ作って処分したところで終了。今日はメンテ日なので、消化は明日以降になりますな。

artisan charm
MAGIC ITEM LORE ITEM NO TRADE
Slot: CHARM
AC: 30
STR: +25 DEX: +25 STA: +25 CHA: +25 WIS: +25 INT: +25
AGI: +25 HP: +225 MANA: +225 Endurance: +225
SV FIRE: +20 SV DISEASE: +20 SV COLD: +20 SV MAGIC: +20
SV POISON: +20
Recommended level of 70
Required level of 51
WT: 0.1 Size: TINY
Class: ALL
Race: ALL
Slot type 7:empty
Slot type 8:empty

 各スキルのcharmだけじゃなく、総合品も存在したのか…。勿論、上記のステータスは7種全部が300の場合で、Hibotanの場合は計算上、83%の性能になるようですが、それでもPoP Charmに比べればはるかに高性能なわけで、しかもSlotが7,8の2つ付いているとなれば、是非とも作りたい一品です。

 レシピはこちら。1つ除いて非売品の材料は全部The Steppesで出るらしいですが、どれも基本的にレアっぽい。Steppesのベンダー覗きとBuyerでの募集を平行して地道に集めていくしかなさそうですな。

 タイトル通り(?)QMAはお休み中ですが、本日EQは日本時間20時よりメンテで5時間ダウン。普通の時間にあがれたら、久しぶりに行ってみましょうかねぇ…と今回も職場で更新してみる(爆)。

 TSSがリリースされてから、まだ1週間も経っていないはずなんですが、とりあえず海外勢には既にレベル75に到達した廃な人もチラホラ。PovarJapanではSatoshiさんのレベル74が最高ですかね?Hibotanはまだ72と50%程度なので、先は長そうです。

 TSSで新スペルが登場したと言っても、Beastlordは基本的に殴ってナンボのクラスなので瞬発力を上げるための0.5sec ColdDDの他、Slow・一時的に共闘するペットの召喚・短時間Buff以外のスペルを戦闘中に使うことはあまりありません。TSSでは後ろ3個は追加されていないため、注目するのはもっぱらPetに関するスペルとなります。今回は備忘録的にその辺をまとめてみたり。

----------------------
・Healing of Uluanes(Level71)
Pet専用3362Heal。Poison/Disease/Curseに32CountCureもあるので、カウンター付きのDebuffなら大抵1発で消せる。とはいえ、Petが殴られるような事態になっている場合、いくらこれで支えてもダメな場合が少なくないorz

・Spirit of Uluanes(Level73)
Pet召喚。MAGには71~75の全レベルに、NECは72,75にあるにも関わらず、今回BSTにはこれしか追加されてなかったりする。75Petはどこに行ったのかと小一時間(略)。何にせよ、PetClassとしては最優先スペル。

・Unparalleled Voracity(Level73)
Pet専用Haste。ATK/ACに加えてダメージ補正もOoW物より強化されている。これまたPetによる攻撃力を考えると最優先スペル。

・Promised Mending(Level73)
かけて18秒後に特大Heal発動らしい。CLRのは誰にでもかけられるが、これはPet専用。回復量は試せないので不明だが、11000+(rank-1)×1000との情報が。Rank1で普通に全快しそうな気がするが、あまり気にしてはいけないのかもしれない。
追記:回復量は8000+(rank-1)×1000っぽい?

・Spirit of Lairn(Level74)
PetProcBuff。発動すると228ColdDD+1.5secStun(MaxLevel75)+Hate50。PoRのSpirit of Orosharの250FireDDから下がった上にPetにPrism Skin(あらゆるダメージを1回無効化)の追加効果が削除されている。上位互換なのがStunが入る最高レベルのみで、他はグレードダウンしているため、Oroshar含め、さらに上のProcBuffとも使い分けが必要となりそう。

・Steeltrap Jaws(Level75)
PetProcBuff。Spirit of Lairnと共存可能。ただし、AAのHobble of SpiritおよびFetter of Spiritとの共存不可。発動すると70%Slow。Resist AdjもMagic-60が付いているため、SnareのいらないMobならこれで決まり!…と言いたいところだが、なんとこれ、4回発動すると消えてしまう。上位ランクの場合はランクに応じて発動回数が1回ずつ増えはするが、言い換えれば最高6回。あんまり発動率が低いようなら使い物にならないし、発動率が高いなら高いであっという間に消えてしまう。ENCのSlowと威力が同等なのはおいしいが、1戦闘で消滅してしまうならMana効率も悪いので、使い方に工夫が必要か。

・Spellbreaker's Guard(Level75)
Pet専用対スペルシールド。開発側からは大物のAE Rampにペットが食われてPetクラスが泣きを見る問題の修正を…とか言ってた割にいつの間にかダメージ無効シールドを4回から10回に大幅増加でお茶を濁されたなと思ったら、Liveにはそれすら無くなってて(無効化シールド強化版自体はMAGとNECに追加されたが、結局は1回増しの5回防御)、個人的には匙を投げたのかと問い詰めたいところ。
これの内容自体はスペルのResistチャンスを20%上昇。判定に失敗して食らってもダメージの80%を合計6000ダメージまでカット。ランクが上がると耐えられる合計ダメージがランクごとに2000上昇。これ自体は良いスペルかもしれないが、Feral Guardとの共存ができないので、やっぱり要使い分け。

・Frothing Vengeance(Level75)
初のPet専用DoTProcBuff。勿論、LairnやOrosharとの共存不可。PetにDoTなんか持たせたらAddの押さえ込みに使えないだの、Mez入らねーだのとトラブルの予感たっぷり。その代わりなのか、1tick当たりのダメージは大きく、Rank1でも698/tickで7tick。6秒でOrosharが3発入れば下回るものの、Proc発動の期待値で考えればダメージ的に最高クラスなのはほぼ疑いない。ただ、前述の問題点に加えてStunも無くなるので、かなりMobを限定するProcになるのではないかと思われる。というかBoss専用?

----------------------
 こうしてみると、先日書いた通りPetBuffの幅が広がり、言い換えれば使い分けが求められるようになってますね。特にProcで「威力が高く、Prism Skinも付いているOroshar」と「Stun可能レベルの高いLairn」と「威力は非常に高いが扱いにくいFrothing Vengeance」の使い分けがポイントになりそうな予感。

 休み時間とはいえ、職場からブログ更新というのもどうかと思いますが、帰ったらすぐにログインしたくなるような気がするので(^^;

 久しぶりのEQカテゴリの更新ですが、EQそのものは週末を中心にそこそこプレイしています。しかし、新しいエキスパンションの発売、おまけにレベルキャップ上昇となれば、Raidで足手まといにならないためにも、QMAやFFを横に置いておいてもやらねばなりますまい。

 というわけで、出勤前にパッチャーを起動しておいて帰ってきたら即プレイといきたかったのですが、起動せず、コンプリートチェックを行ってみたところ、どうもダウン漏れが多かったのか、またダウンに2時間近くかかる分量のパッチのダウンロードを開始…orz。一応、1時過ぎには終わるようなので、FF3をやりながらマップを落としたりWinEQ2の設定をしてみたり。ダウンが終わった後は一部の新スペルを購入に怖そうな新ゾーンを走り回ったり、その後に30分だけ経験値2倍AAを使ってFireのTableをVannayとゴリゴリ回して終了。一応、Hibotanはレベル71になれました。

 気づいた点として、TSS自体はまだまだ未知の領域が多いのでノーコメントとしても、一緒に行われた全体的な調整がかなり大きいようです。とりあえずBeastlordについてだけでも、アタッカーとしての能力がある程度強化されると同時にそれ以上にスペル詠唱に関するスキルキャップが大幅に上昇していたりしました(Beastlord's Denによるとレベル75の段階で武器のスキルキャップ315に対してスペル系が320とか)。

 他に目に付いた部分として、
・Feral Swipeのダメージ上昇
Beastlord's Denによると命中率も上昇しているらしい。意識していなかったので確認はとっていないものの、再使用時間が半分になっているとの話も。TSS AAで強化するとさらに威力が増加するらしいので期待。

・レベル71からDouble Attackのスキルが得られる
とはいっても、71の段階でスキルキャップはわずか5(^_^;;;。75で50まで上げられると言われていますが、Liveに入ると同時にnerfされてて25キャップだったりしたら泣けます。

・Petに使うスペルのラインが増えている
かけて18秒後に超絶回復(11000Heal?)するスペル、Pet専用Vie(?)、Slow Proc(70%Slowでadjも付いているらしい)、DoT Procといった、今まで無かったタイプのペット専用スペルが登場しています。

 他に未確認ですが、Throwingのスキルキャップが従来の120から大幅に上昇して75時点で300まで伸びるとの話も(事実なら70の段階でも相当伸びているはず)。そこまで上がれば、AE Rampが痛くて近寄れないMob相手に手裏剣メインで戦うというのも、それほどお馬鹿な話ではなくなる?(^_^;;

 とはいっても、時間も時間なので、本当に手短に(^^;

死屍累々

 Tunat`Muram Cuu Vauax Slain!!

 以上(^^;

1 2

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちEQカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはe-AMUSEMENT PASS改造です。

次のカテゴリは思ったことです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ピコ@アロエ

自作ツール関連

リンク

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4