2006年9月アーカイブ

artisan charm
MAGIC ITEM LORE ITEM NO TRADE
Slot: CHARM
AC: 30
STR: +25 DEX: +25 STA: +25 CHA: +25 WIS: +25 INT: +25
AGI: +25 HP: +225 MANA: +225 Endurance: +225
SV FIRE: +20 SV DISEASE: +20 SV COLD: +20 SV MAGIC: +20
SV POISON: +20
Recommended level of 70
Required level of 51
WT: 0.1 Size: TINY
Class: ALL
Race: ALL
Slot type 7:empty
Slot type 8:empty

 各スキルのcharmだけじゃなく、総合品も存在したのか…。勿論、上記のステータスは7種全部が300の場合で、Hibotanの場合は計算上、83%の性能になるようですが、それでもPoP Charmに比べればはるかに高性能なわけで、しかもSlotが7,8の2つ付いているとなれば、是非とも作りたい一品です。

 レシピはこちら。1つ除いて非売品の材料は全部The Steppesで出るらしいですが、どれも基本的にレアっぽい。Steppesのベンダー覗きとBuyerでの募集を平行して地道に集めていくしかなさそうですな。

 タイトル通り(?)QMAはお休み中ですが、本日EQは日本時間20時よりメンテで5時間ダウン。普通の時間にあがれたら、久しぶりに行ってみましょうかねぇ…と今回も職場で更新してみる(爆)。

 TSSがリリースされてから、まだ1週間も経っていないはずなんですが、とりあえず海外勢には既にレベル75に到達した廃な人もチラホラ。PovarJapanではSatoshiさんのレベル74が最高ですかね?Hibotanはまだ72と50%程度なので、先は長そうです。

 TSSで新スペルが登場したと言っても、Beastlordは基本的に殴ってナンボのクラスなので瞬発力を上げるための0.5sec ColdDDの他、Slow・一時的に共闘するペットの召喚・短時間Buff以外のスペルを戦闘中に使うことはあまりありません。TSSでは後ろ3個は追加されていないため、注目するのはもっぱらPetに関するスペルとなります。今回は備忘録的にその辺をまとめてみたり。

----------------------
・Healing of Uluanes(Level71)
Pet専用3362Heal。Poison/Disease/Curseに32CountCureもあるので、カウンター付きのDebuffなら大抵1発で消せる。とはいえ、Petが殴られるような事態になっている場合、いくらこれで支えてもダメな場合が少なくないorz

・Spirit of Uluanes(Level73)
Pet召喚。MAGには71~75の全レベルに、NECは72,75にあるにも関わらず、今回BSTにはこれしか追加されてなかったりする。75Petはどこに行ったのかと小一時間(略)。何にせよ、PetClassとしては最優先スペル。

・Unparalleled Voracity(Level73)
Pet専用Haste。ATK/ACに加えてダメージ補正もOoW物より強化されている。これまたPetによる攻撃力を考えると最優先スペル。

・Promised Mending(Level73)
かけて18秒後に特大Heal発動らしい。CLRのは誰にでもかけられるが、これはPet専用。回復量は試せないので不明だが、11000+(rank-1)×1000との情報が。Rank1で普通に全快しそうな気がするが、あまり気にしてはいけないのかもしれない。
追記:回復量は8000+(rank-1)×1000っぽい?

・Spirit of Lairn(Level74)
PetProcBuff。発動すると228ColdDD+1.5secStun(MaxLevel75)+Hate50。PoRのSpirit of Orosharの250FireDDから下がった上にPetにPrism Skin(あらゆるダメージを1回無効化)の追加効果が削除されている。上位互換なのがStunが入る最高レベルのみで、他はグレードダウンしているため、Oroshar含め、さらに上のProcBuffとも使い分けが必要となりそう。

・Steeltrap Jaws(Level75)
PetProcBuff。Spirit of Lairnと共存可能。ただし、AAのHobble of SpiritおよびFetter of Spiritとの共存不可。発動すると70%Slow。Resist AdjもMagic-60が付いているため、SnareのいらないMobならこれで決まり!…と言いたいところだが、なんとこれ、4回発動すると消えてしまう。上位ランクの場合はランクに応じて発動回数が1回ずつ増えはするが、言い換えれば最高6回。あんまり発動率が低いようなら使い物にならないし、発動率が高いなら高いであっという間に消えてしまう。ENCのSlowと威力が同等なのはおいしいが、1戦闘で消滅してしまうならMana効率も悪いので、使い方に工夫が必要か。

・Spellbreaker's Guard(Level75)
Pet専用対スペルシールド。開発側からは大物のAE Rampにペットが食われてPetクラスが泣きを見る問題の修正を…とか言ってた割にいつの間にかダメージ無効シールドを4回から10回に大幅増加でお茶を濁されたなと思ったら、Liveにはそれすら無くなってて(無効化シールド強化版自体はMAGとNECに追加されたが、結局は1回増しの5回防御)、個人的には匙を投げたのかと問い詰めたいところ。
これの内容自体はスペルのResistチャンスを20%上昇。判定に失敗して食らってもダメージの80%を合計6000ダメージまでカット。ランクが上がると耐えられる合計ダメージがランクごとに2000上昇。これ自体は良いスペルかもしれないが、Feral Guardとの共存ができないので、やっぱり要使い分け。

・Frothing Vengeance(Level75)
初のPet専用DoTProcBuff。勿論、LairnやOrosharとの共存不可。PetにDoTなんか持たせたらAddの押さえ込みに使えないだの、Mez入らねーだのとトラブルの予感たっぷり。その代わりなのか、1tick当たりのダメージは大きく、Rank1でも698/tickで7tick。6秒でOrosharが3発入れば下回るものの、Proc発動の期待値で考えればダメージ的に最高クラスなのはほぼ疑いない。ただ、前述の問題点に加えてStunも無くなるので、かなりMobを限定するProcになるのではないかと思われる。というかBoss専用?

----------------------
 こうしてみると、先日書いた通りPetBuffの幅が広がり、言い換えれば使い分けが求められるようになってますね。特にProcで「威力が高く、Prism Skinも付いているOroshar」と「Stun可能レベルの高いLairn」と「威力は非常に高いが扱いにくいFrothing Vengeance」の使い分けがポイントになりそうな予感。

 休み時間とはいえ、職場からブログ更新というのもどうかと思いますが、帰ったらすぐにログインしたくなるような気がするので(^^;

 久しぶりのEQカテゴリの更新ですが、EQそのものは週末を中心にそこそこプレイしています。しかし、新しいエキスパンションの発売、おまけにレベルキャップ上昇となれば、Raidで足手まといにならないためにも、QMAやFFを横に置いておいてもやらねばなりますまい。

 というわけで、出勤前にパッチャーを起動しておいて帰ってきたら即プレイといきたかったのですが、起動せず、コンプリートチェックを行ってみたところ、どうもダウン漏れが多かったのか、またダウンに2時間近くかかる分量のパッチのダウンロードを開始…orz。一応、1時過ぎには終わるようなので、FF3をやりながらマップを落としたりWinEQ2の設定をしてみたり。ダウンが終わった後は一部の新スペルを購入に怖そうな新ゾーンを走り回ったり、その後に30分だけ経験値2倍AAを使ってFireのTableをVannayとゴリゴリ回して終了。一応、Hibotanはレベル71になれました。

 気づいた点として、TSS自体はまだまだ未知の領域が多いのでノーコメントとしても、一緒に行われた全体的な調整がかなり大きいようです。とりあえずBeastlordについてだけでも、アタッカーとしての能力がある程度強化されると同時にそれ以上にスペル詠唱に関するスキルキャップが大幅に上昇していたりしました(Beastlord's Denによるとレベル75の段階で武器のスキルキャップ315に対してスペル系が320とか)。

 他に目に付いた部分として、
・Feral Swipeのダメージ上昇
Beastlord's Denによると命中率も上昇しているらしい。意識していなかったので確認はとっていないものの、再使用時間が半分になっているとの話も。TSS AAで強化するとさらに威力が増加するらしいので期待。

・レベル71からDouble Attackのスキルが得られる
とはいっても、71の段階でスキルキャップはわずか5(^_^;;;。75で50まで上げられると言われていますが、Liveに入ると同時にnerfされてて25キャップだったりしたら泣けます。

・Petに使うスペルのラインが増えている
かけて18秒後に超絶回復(11000Heal?)するスペル、Pet専用Vie(?)、Slow Proc(70%Slowでadjも付いているらしい)、DoT Procといった、今まで無かったタイプのペット専用スペルが登場しています。

 他に未確認ですが、Throwingのスキルキャップが従来の120から大幅に上昇して75時点で300まで伸びるとの話も(事実なら70の段階でも相当伸びているはず)。そこまで上がれば、AE Rampが痛くて近寄れないMob相手に手裏剣メインで戦うというのも、それほどお馬鹿な話ではなくなる?(^_^;;

 今日は残業長めであんまりプレイできないなと思いながらも今日こそ五段に昇段をと秋葉原に寄ってQMA。成績については相変わらず、表面張力のおかげでいつ昇段するかもわからないので、毎プレイ終了時常に携帯カメラを構えていたり。そして…

本当に表面張力がステキでした

 とうとう五段に昇段しました。集計サイトによると五段以上は1000人とちょっとしかいないようで。あんまり自覚は無いのですが、やっぱり廃人の仲間入りということなんでしょうか?(^^;

何とか2回戦進出1000回未満で行けました

 昇格直後の成績。鍍金指数は5.59。5.6前後で推移していることが多いので、決して弱くはないのかな…と自分で言うのもアレな気がしますが。

orz

 まぁ、そんなことを考えていたら昇段直後にお約束のように大型地雷を踏んでケルベロスからユニコーンへズドーンと。そして、

ゴールドメダルの嬉しさと申し訳なさが混ざった複雑な心境です(´・ω・`)

空気読めなくてごめんよぉぉぉぉつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

1-2-1-0#2-1-1(1-1-1)

 五段昇段までの必要経験値が既に視認不能になっていますが、表面張力がきつくて今日も昇段はなりませんでした。…なお、実際問題として昇段しても同点でのフレッシュ負けをしやすくなるだけで、メリットらしいメリットが何も無いコンマイクオリティ全開な気がするのは気にしない方が良いのでしょう。

1-0-2-1#9-1-0(0-2-0)

 多答と四文字と順当てのジェットストリームアタックが来たと思ったら、スポーツと芸能とノンジャンルという名のスポーツと芸能のトリプラーが続けてやって来たりして、決勝に残れやしません。その2つに耐えて決勝に進んでも13機のガンダムにタコ殴りに遭ってどうにもならない1日でした(謎)

 最近特に自覚するようになったのですが、思えば私のアニタイも弱くなったものです(´・ω・`)。決勝での武器に変わりはないのですが、全ジャンルバランスある予習を心がけるために予習はほとんどノンジャンルに切り替えてから、見切りが遅くなった上にど忘れの頻度も多くなりました。タイピングは対策されやすい形式であることも考えて、そろそろ本格的にサブウェポンの開発も考えた方が良いのでしょうかねぇ…。

おまけ
正解してますよ

第4ヒントが一番意味ねぇぇぇぇぇ!!

 ここのところ、残業が多くてあんまり時間が無いのに加えて、FF3が売ってなくて代わりに(?)買ってきたレッスルエンジェルス サバイバーをプレイしていて、QMAる時間が無かったのですが、結構久々にプレイ。

ギリギリ3位

 五段間近の表面張力に入った今更といえば今更ですが、ようやく全てのペットメダルが集まりました。

0-1-2-1#2-1-1(0-1-1)
特殊メダル:スプラッシュ(33)・バット(初)

 先生、たまには優勝したいです(´・ω・`)

このアーカイブについて

このページには、2006年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年8月です。

次のアーカイブは2006年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ピコ@アロエ

自作ツール関連

リンク

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4