2009年7月アーカイブ

やっぱり、ちゃんとしたデジカメで撮ると違うなぁ…
 CD版のカタログを横浜のメロンブックスで購入。とりあえずメイン機とサブノートにインストールしたので、帰りの電車の中でぼちぼちチェックを始めることにします。

 この画像、ふと思うところがあってしまっていたデジカメを取り出して撮影したものなのですが、やっぱりカメラ重視の携帯と比較しても、段違いだなぁ…と思ったり。優勝絵やクエスト絵なんかもこれで撮影すれば綺麗なんですが、普通の画面撮影は携帯カメラで十分すぎるので、2種類のカメラを持ち歩くのも面倒だとついつい置いて行ってしまうんですよねぇ…(´・ω・`)

そして、QMA6。

これを超えることはできるのだろうか…orz
 大会の順位は見ての通り712位。かなり奇跡じみた成績で出せたスコアなので、次回以降にこれを超えられる気が今のところはしません…。どうしても全問正解ボーナスとかで稼がないといけないレベルになっていますし。

 とりあえず水着は堪能したので、検定試験EXにもトライ。


 三国志検定EXは横山三国志、コーエー三国志、三国志大戦、三國無双と情報としては怪しげなものも混ざってはいるものの、それなりに知識はあるつもりなので、1クレ目でA、2クレ目でSと非常にあっさりSゲット。この調子でアニソン検定EXも…


 というわけで、取れはしたのですが、10クレ以上かかりましたorz。もともとアニソンはアニゲの中でも弱点の多い分野なので、しっかり補強しないとなぁ…と思ったり。特に文字パネルとJSTが凶悪すぎますorz。

 いろいろな変更点を引っ提げ、本日から稼働となったQMA6Extra。それでも私は普通に仕事なので、仕事帰りに大宮で途中下車し、大勝軒で腹ごしらえをしてから、キャロム大宮へ。

 …相変わらずドラは人外魔境な感じですな。初回から決勝に残るも、全員階級・魔力共に格上、苦手ジャンルの嵐で付け入る隙は無く、3位。続けて13位、12位と一気に降格の危機に持って行かれるものの、次は5位で踏ん張る。優勝絵を見るという事だけ考えるなら、フェニに落ちた方が幾分楽な気もしますが、意識しなくても落ちるときは落ちるので、踏ん張れるなら踏ん張る方針で(^^;

 5クレ目はCOM混じり。タイポ2回という大チョンボをやらかすものの、COMのおかげで何とか生き残り。準決勝はスポーツでオワタと思いきや、何故か2位通過。またもや魔力5000オーバー陣との対戦になるものの、天青の人が投げてくれたアニタイと合わせたアニタイ2セットで僅差の勝利。最後のスポ線で不正解出して、「あー、また負けたー(´・ω・`)」と思っていたところなので、慌ててカメラを起動(^_^;

 とはいえ、まだ稼働初日。大々的に出すのもアレな気がするので、リンクだけにしておきます。自重しない方はどうぞw

<俺は自重しないぜ!>

 基本的にQMA5の優勝絵と同様で、水着を装備している場合に限って違う模様。女子生徒は全員水着で別バージョンありで、男子生徒で水着バージョンがあるのはユウだけ?カイルはIIIの優勝絵が表示される状態も確認されていますので、まだまだ不明点が多い感じです。

 Extraになる前から各所で賛否両論ありましたが、個人的には、

・優勝絵の追加
 水着バージョンはいいとして、通常版から全員分普通に書き下ろして欲しかったというのが正直なところ。ベースが使い回しなら最初からあったっていいじゃんって話になってしまいますし。

・予選のノンジャンル解放と準決勝のノンジャンル固定廃止
 個人的には良いと思います。「慣れたのに今更」という気持ちは分かりますが、アレが来たら死亡とかの意見はネガティブ思考もいいとこかと。勿論、私もスポ芸が来たら即死フラグがビンビンですが、同じく即死フラグが立った人が沢山居ればダメさ加減の違いで突破できるかもしれませんし、グロ問がカンで1問当たったのが命運を分けることも珍しくありません。落ちるときは得意ジャンルでも落ちますしね。
 また、特定ジャンルの準決勝だとそのジャンルの茶臼タイプが突破できる可能性が上がり、必然的に決勝戦がそのジャンルの使い手で固まりやすく、好きなジャンルの多い決勝がやりやすくなるという、茶臼タイプには嬉しい効果もあります。
 この辺はジャンル間の落差が激しい人は、ノンジャンル固定だとどうしても苦手ジャンルで薄められて力を削がれるので、薄められる危険性の薄い石臼タイプの人が反発するのは分かりますが、茶臼タイプが反発するのはよく分からなかったり。

・検定試験モード復活
 まだプレイしていないので保留。近くでやっていた人のを見た限りでは、基本的に前作の検定試験モードと変わらない気がしますけど。


 …まぁ、肝心のクイズ部分の改変であるノンジャンルの扱いの変更については私としては歓迎したいので、総合的には特に問題無しですね。なお、私の場合、「アニゲ>ライスタ>理系>文系>社会>ノン>スポ>芸」という、酷すぎる落差があるので、死亡フラグより生存フラグの方が確率的には高くなりそうというのは否定しませんw

-------------------------------------------
ピコ
白銀賢者三段
ドラゴン組
-------------------------------------------

 アニゲ正答率80%はあっさり割ってしまいましたorz。アニゲが来ると決まってマルチセレクトなのは流石に勘弁orz

 といっても、魔法石稼ぎだけですけどねw

 期間中、私は大会オンリーでしたが、2ch辺りを見ると特に下位のクラスで通常のトナメにも徐々に活気が戻りつつあるとか。まぁ、ドラゴンには負けますが、下位の人たちにとっては全国大会も十分に魑魅魍魎の跋扈する世界に見えるであろうことは容易に想像できますので、仕方ないとは思います。

 そんなわけでそれなりに濃度が上がったと思われる全国大会。滅多にしなかった予選敗退も連続ですることもあるようになりました。それでも石効率が良いので、そう簡単に引き下がるわけにもいきません。結局、大会中の休日5日間で10000個近く稼ぎ、白銀三段まで昇段。トナメの優勝回数23、プラチナ3枚にして魔法石がこれだけというのもアンバランスですな(^_^;;
#メダルはくれなくてもいいから、全国大会の優勝も優勝回数にカウントしてくれればいいのに(^_^;

 あと、アニゲの総合正解率が80%突破。決勝進出が多めになる分、自選のアニタイで正解率を稼ぎやすいというのが大きいと思いますけどね。

-------------------------------------------
ピコ
白銀賢者三段
ドラゴン組(から動きようがないw)
-------------------------------------------

 さて、明日からQMA6 Extra稼働なわけですが、どうなることか…。

おまけ:

 「何故か変換できない」というフレーズが思い出されました(謎)

一段当たりが前作の黄金と同じとは…
 とりあえず白銀賢者に昇格。前作は黄金まで見えなかった☆の魔法石(1000個分)が白銀から見えると、何となくゲンナリするのは私だけでしょうか(´д`;)。何だかんだ言って2000人以上いた前作の宝石賢者を試験というハードルではなく、魔法石というプレイ時間的な制約で絞るつもりなのかは分かりませんが…。4・5と宝石に昇格できましたが、今回は魔法石を宝石レベルまで稼ぎきれるのか、正直自信がありませぬ(´・ω・`)

 で、タイトルですが、大会中にまぐろTVさんと遭遇。今回は1からのユーザとしては馴染みの深い(?)1最後の賢神ロン氏ともマッチング。予選は社会+理系で問題運にも助けられてトップ通過。準決勝は分からないJSTの嵐を野性のカンをフル稼働でまぐろTVさん共々、何とか通過w。予選でもそうでしたが、ロン氏も長期のブランクには勝てないのか、準決勝で落ちていかれました。既に金剛賢者であることからも伺えますが、相当な頻度でプレイはしているようなんですけどね。時代の流れをちょっと感じました(謎)。

 決勝は勿論、(刃こぼれした)伝家の宝刀アニタイを選択。まぐろTVさんは学問文系使いで、正直、学問文系をやや苦手とする私としては、問題の引き次第ではアニゲでも大ハッスル可能なまぐろTVさんと比べ、直接対決ではやや相性が悪いのですが、問題の引き次第というのはお互い様かと思いつつ、決勝スタート。


 自選のアニタイは全体的に易問、スポーツは出題者含めた全員にクリティカルヒット、残りは堅実に答え切り、決勝組の中で最高魔力の面目は保てました(謎)。スポーツを除いて易問多めで、ここでグロ問連発されたら逆転ッ…!な展開に怯えながらプレイしていたのは秘密です(^_^;

-------------------------------------------
ピコ
白銀賢者初段
ドラゴン組(から動きようがないw)
-------------------------------------------

おまけ:
ここから見えるダミーリールが既に…(^^;
 問題自体は何て事のないニュースクイズなんですが、ダミーリールが酷いw。見えない部分も含めますが、「廃人ですw」みたいな答えも可能w。そういえば、「王だぁ!」のスロットも最後に「w」が入っていて、「王ですw」「神ですw」な答えが並んでオレンジジュース吹きかけた事が(^_^;;;

350コナミコイン(円)(^^;
 本題の前に私服水着をメンバーズサイトで購入。コナミもいい商売してますよ(^_^;

 で、金曜日から始まっていたものの、金曜日は帰りが遅くて22時過ぎから廃人ばかりと思われる争いに混ざる気は流石にしなかったので、土曜日から出撃。本当はお昼過ぎ辺りから行こうかと思ったのですが、無駄に寝過ぎて結局、スタートは2時過ぎ。

 ドラのような魑魅魍魎が跋扈する世界でもなく、比較的平和なトーナメントな感じです。どうしても魔力4000とか5000超な人もいますが、まぁその辺は仕方ないことです(^_^;

(`・ω・´)
 で、気付いたら全回の記録を大幅更新。5連続決勝進出+2回優勝+1回予選全答ボーナスとは、いささか出来過ぎな感じで怖いくらいです(^^;。まぁ、これでもランカーの足下にも及びませんがorz

 青銅十段まで上げたところで今日は終了。白銀が見えてきましたが、ここまで来ると1段当たりの必要石数が半端じゃないのが辛いですな。大会で貰える石も前作のドラゴンと比べると見劣りする上に必要数自体も大幅に増えていますし…(´・ω・`)

-------------------------------------------
ピコ
青銅賢者十段
ドラゴン組(から動きようがないw)
-------------------------------------------

おまけ:
もっとくれてもいいじゃん(´・ω・`)
 大会で賢王を踏んづけても20個。前作は人数が6人だったので単純に前作の60個と比較はできませんが、通常のドラでも30個貰えましたし、ここまで石の支給をケチらんでもいいじゃんと思う今日この頃。

 生徒クエストも全て制覇したので、次の全国大会までは弱点補強と先生クエストを兼ねてレッスン籠もりの予定。というか、土日は実際に全部レッスンやってました(多分40クレ近く)。

 もともと理系は苦手ではないので、ロマノフクエストはすぐ終わり。アメリアクエストは歴史に絞ってやったら1回失敗したものの、文系その他に照準を合わせなおして再度挑戦したら3クレで成功(全体的に配点が低めだったので、ヒヤヒヤしましたが)。スポーツは既に野球でS取ってあるのですが(その時はクエストを受けていなかった)、S向けの難易度になった今、再度クリアできる気がしないので、とりあえず放置。

 社会は芸能の大穴が目立つと困るので、A1つだけ取ってダミーっぽくして芸能で1個Sを取るまで放置決定。もともとスポ・芸能・社会の3ジャンルがゲージ1なので、芸能はいろんな意味でカモフラージュしておきたいw

極端ですよねー(´・ω・`)

o...rz
 へへ…10クレ以上全力でやってこれだ。これが魔力3000の青銅賢者様だぜ?信じられるかい?

 …orz

漫画・ノベルをもう少し伸ばしてみるかなぁ…
 まぁ、武器のアニゲはかなり隙が少なめに仕上がってますけどね(゚∀゚)

 …誰も投げてきませんけどねorz

-------------------------------------------
ピコ
青銅賢者八段
ドラゴン組(から動きようがないw)
-------------------------------------------

おまけ:
普通はハイジ辺りが真っ先に分かるだろうと(略
 速攻で分かった1つだけ結んで写真をパチリ。…冷静に考えたら、ハイジもすぐに分かって正解したのですが、何でこれが真っ先に分かるのかと小一時間(略

少し順位アップ
 全国大会終了からやってなかったので、結果確認。これ以上の得点を取るためには、全問正解ボーナスとかが必要になってきそうな感じですね。安定性の無い私には非常に辛い話ですが…。

 ちなみに全国大会中に終わらなかったキャラクエストは一番辛そうなタイガを残すのみ。最初はタイガも終わったら、あいさつコメントを「タイガ→私←サンダース」とか、ガチムチなことをやってみようかと思っていたのですが、よく考えたらこれだと文字数オーバー。別の挨拶を考える必要がありそうですorz

 トナメ自体は可もなく不可もなく。フェニに落とされるのはお約束で、そこから速攻で復帰するのもお約束(^_^;

-------------------------------------------
ピコ
青銅賢者四段
ドラゴン組→フェニックス組→ドラゴン組
-------------------------------------------

おまけ:
軽度だけど嘘問は嘘問(´・ω・`)
 答えは合ってるんですが、漢字だと「桜姫」。○の数が合ってません。

このアーカイブについて

このページには、2009年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年6月です。

次のアーカイブは2009年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ピコ@アロエ

自作ツール関連

リンク

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4