2006年10月アーカイブ

 Artisan Charmの性能は最高性能×((基本生産スキル平均-100)÷200)[ただし最低0]で計算されている模様。平均100まではステータス0で、そこから平均が2(合計で言えば14)上がると1%ずつステータスが上昇していくということになりますね。HPなど最高値が225というものですら、2上げるのに14の上昇を必要とするわけで、上限の小さいパラメータの上昇は更なる苦行であることが良く分かりますねorz

 昨日はDoD侵攻を久しぶりに再開して蛸皇帝(謎)にボコられてwipeした後、Fletchingの修行に励んでみました。

Shadow Tipped Acrylia Arrow(64combine) Skill250→253

 バザーでChunk of Consended Shadowを探すのもAcrylia Oreをかき集めるのも一苦労なわけで、試しに材料は店で揃うが大赤字と言われる弓の作成でどこまで上がるか試してみるつもりが…

Rough Shadewood Bow(?combine) Skill253→255
Rough Shadewood 1-Cam Bow(?combine) Skill255→268
Shaped Shadewood Compound Bow(?combine) Skill268→282

 CompoundはBowstaffに加工を施す道具を加えた方が9pp高く売れ、道具は10ppで何度でも使えるので、加えた方が損失を抑えられると判断し、追加。それ以前のレシピでも追加したほうが損失は抑えられたかもしれないが未検証。

 まぁ、店で買える材料の上限までやっちゃいましたw。この間にかかった費用は75kpp程。1回当たりの損失額は約120ppなので、600combine以上した計算になりますね(^_^;

 その後、何か使える材料は無いものかとPoKを歩き回ったところ、Brewingのベンダーで誰かが上限を達成したのか大量に処分されていたEnchanted Gold Barを発見。全部買い占めた後、OpalとBottleを買い求めて200個以上Brewing修行準備。作ったところで時間も時間なので、半端な分量だけ作って処分したところで終了。今日はメンテ日なので、消化は明日以降になりますな。

 拡張とパーツ交換を重ねながら使ってきた現在のマシンも、TSSのゾーンをHibotanとYucariの2アカで走り回ると多少のオプションの絞込みでは追いつかないというのが実情になってきました。考えてみれば、現在のマシンの基礎はまだ大学生の頃に買ったもの。当時の中の上レベルのマシンですので、これ以上騙し騙しで凌ぐよりもいっそ新調してみようということで、先日から仕事帰りに時間があればパーツを見て回っていました。

 最初はSLIを組んでみたり、RAIDを組んでみたり、メモリ4GBとかしょーもない構想を通り越して妄想の域に達したマシン構成を書いてみたりしたのですが、お値段が30万とか40万みたいな世界になってしまったので、現実に戻って給料1ヶ月分のレベルで妥協しようということに。
#大体、メモリ4GBは64bit版OSじゃないと全量認識できないので、他との整合性を考えると現状、特に現実的ではない(^_^;

 ある程度の構成を決定して昨日からパーツ屋訪問。ケースや電源を含めた全てのパーツを新調することにしたので、会社帰りは勿論、そうでなくても1日で買って持って帰れるレベルではないので、水曜から金曜までの3日間で揃える予定。といっても、ケースのかさばりようは尋常ではないので、金曜日はケースだけにしたいところ。昨日も結構重かったけど、今日もかなり重くなりそうな予感。それ以前に買える時間に上がれるように仕事しないと…(^_^;;;

 ところで、JR秋葉原駅近くの自動販売機にマックスコーヒーが入っていたんですが、これは一体…。

このアーカイブについて

このページには、2006年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年9月です。

次のアーカイブは2006年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ピコ@アロエ

自作ツール関連

リンク

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4