2005年12月アーカイブ

 2chの情報では予習でアニタイを選択すると止まるというのは良く知られているようですが、アニタイを選ばなければいいのかと、雑学を伸ばそうと雑学並べ替えを予習したら2回目の並べ替えで同様のフリーズが起こりました。コンマイからの返答はいまのところ無し。

 仕方ないので、「たべられます」でプレイ。中級5級に昇級、このままの状況が続くと本当にピコに追いついてしまう…。

 もっとも、明日は職場の忘年会、明後日は冬の陣の準備(1日目ですが、有給申請却下されたので断念orz)、明々後日から参戦ですから、当分QMA3はお休みですけどね。

 えー、何故かピコのカードが使えなくなりました。ゲームははじまるのですが、予習を開始した瞬間にエラー出して筐体が落ちやがります。他のカードでは異常が出ないので、カード固有のエラーが何かが発生したのかもしれませんorz。

 とりあえず今は外から更新しているので、画像その他も貼れませんが、落ち着いたらコンマイに問い合わせてみる予定です。復旧可能かどうかは不明ですし、その間何もできないのもアレですので、新カードを作りました。ヤンヤンで「たべられません」ならぬ「たべられます」という珍名カードを(笑)。もし、復旧不能なようであれば、このカードが一気にメインに昇格するかもしれません(^^;。

 2が賢者の大安売りをしすぎだったという方が正しい気もしますが。

ギリギリの戦いが多いです、はい(^^;

 ボーナスでデジカメを買ってみたので、QMA3の優勝画面で試し撮り(笑)。最初に撮影を試みたときはシャッターと間違えて電源ボタンを押してしまい、2回目はフラッシュの設定がオートになっていて、多分近隣に迷惑をかけてしまった上に画面に付いた指紋まできっちり映し出してくれたのでボツ、3回目にしてようやくまともな画像が取れました(^^;。2560×1920のままでは大きすぎるので、640×480に縮小しましたが、やはり手ブレ補正やノイズキャンセラーの力は偉大なようで。

 それはさておき、画像を見れば分かると思いますが、上級魔術士に昇格しました。1級になってから4クレもかかりましたよ…。しかも、1級に上がった直後に2位にも関わらず何故かホビット級に落とされて、冷や冷やものでした。

 上級に昇格した直後のこの優勝でユニコーン組に昇格したものの、超銀と例えられるだけあって、人間はやや少なめなものの、何だか異様な戦いが繰り広げられています(^^;。
1位~7位が100点というのもありましたが、撮りそこねました

 とりあえず、2でも武器にしていたアニタイを徹底的に磨き直し中。雑学からスポーツや芸能関連など、他のジャンルだろと突っ込まれるような時事は取り除かれたみたいなので、正答率の一番高い雑学を極めることも考えましたが、雑学は雑学だけに誰でもそこそこの正答率はありそうで、武器にしにくいようなイメージがあるんですよね…ファッションなどは個人的には超大型地雷ですし(^^;

 エルフ組になると、1回戦にスポーツor芸能の一問多答クイズが来るのは私専用の仕様ですか?(T_T)
4回目の芸能一問多答でとうとう0点で1落ちしてホビット組に降格。そんな中、上位HUMは軒並み80点台出してたり、COMは空気読まないで60点とか出してたり、芸能で死亡する人間としては、もうありえない感じでしたorz。

 ホビット組降格後のトーナメントは2位でしたが、エルフ組には戻れず。もう中級3級まで来ているけど、このまま組制限にひっかかって昇格できなかったら泣けますね…。

おまけ(謎)
さすがに☆5のアニタイは厳しい(^^;
心なしか2に比べて少し頬が赤くなってるような。単純に解像度の問題で違って見えるだけだとは思いますけど。

 仕事を終えて電車の中でザウルスを使ってQMA3スレを見て秋葉レジャランの稼働状況をチェックしてみたところ、どうも作業が終わってないらしい。今日中に終わるか微妙な様子なので、既に稼動開始しているという大宮のビッグアップルまで戻ってみることにしました。

 着いてみると、確かに稼動しているのですが、連コインと回しプレイの見本市のような状況で、1時間半の間、8台のサテライトの座っている顔ぶれがほとんど変わりません(苦笑)。とりあえずピコを引き継ぎ、暫く待っていたら空いたのでプレイ開始。

 問題は結構2の使いまわしが多いみたいですね。2で得た経験は決して無駄にはなっていないどころか、かなり役立っています。もっとも、2では分岐しない問題が3で分岐が追加されたりして、ひっかかっている人も多数見かけましたが(笑)。

やっぱりはいてない
 2-0-1-0:4-0-0
 とりあえず、初回プレイで優勝してホビット級に昇格しましたが、どうも前作ランカー級からそこそこできる人まで、凄い人数が固まってるクラスの模様。その上のエルフ級やユニコーン級はあんまり人が居ないとか何とか…エルフ級目安が総合正答率80%前後らしいので、その通りなら閾値の設定に少々疑問を感じたり。

 あと、気づいた点をいくつか。

・満点の時間が問題ごとに違う。超フライングや見切りのメリット低下か?
・階級じゃなくてクラスでトーナメント分けされるので、初回プレイでいきなり中級魔術士とぶつかったり。
・それに伴って必然的に上位形式が決勝で使われる機会が増えてます。
・トーナメント予選で形式の幅が前回より広い感じ。連想→4択→○×みたいな予選もあった。
・動画クイズ、懸念はしていましたが、後期マジカル頭脳パワーみたいなことになりかけてる予感。
・引き継ぎだと予習中に誤答しても正答が出ない?

 特に最後のが問題で、チュートリアルを受けないと正答が出ないらしく、引き継ぎの場合は問答無用でチュートリアルが飛ばされるので、正答表示も無い模様。新規に作ってもチュートリアルを受けないと正答が出ないらしいので、条件はチュートリアルを受けていることで決定ぽい。ある程度、上の階級に行って慣れたら出なくなるとかならともかく、これは仕様としてはヒドイと思いますよ…。

おまけ。
満点取るのは楽になったのかな?

 初日で○×ながら予選で100点満点取れるとは思ってませんでした(^^;

 今日はまっすぐ帰ってしまったため、QMAⅡはプレイしていないのですが、早いところでは今日14日にⅢが稼動するようですね。現在のホームの秋葉原(1月から異動らしいので、また別のホームに移る可能性大)だと、FUNFUN秋葉原・秋葉原トライタワー・レジャーランド秋葉原店で14日稼動との情報が入っていますが(真偽のほどは不明)、全て本当に14日稼動であれば、とりあえず自分のQMA2はほぼ終わりと見て良いと考えています。

 ピコの白金昇格、サブカながら貢献度1000突破の2つの目標も達成でき、何度か賢王や賢帝に決勝で迫りつつも勝てなかったのが数少ない心残りではありますが、ほぼ心置きなくQMA3に移行できると思っています。2を始めた当時と違って今では社会人となっている以上、金銭はともかく、時間的な制限がきつくなり、いろいろと前途多難な気がしないでもないですが、トーナメントでピコ(当面はサブカは引き継がず、ロケテのカードも引き継ぐ予定はありません)を見かけましたら、お手柔らかにお願いします(ぺこり)

貢献度(このプレイで+7して白銀昇格)正答率

おまけ、QMA2後の太鼓
腕の筋肉が増えてました(笑)

まだまだ後半が辛いですが、そろそろ安定と見ていいかなぁ…と思わなくもなかったり。

まぁ、何となく

 アイドルマスターのプロデューサーの皆さんのblogを見ていると、IDOL M@STER MASTER PIECEの話題でもちきりな感じですが、何故か私は同人のアレンジCDの方を買ってきてしまいました。

 というのも、これに只ならぬオーラを感じたのです…。

お、良いねぇ!気に入っちゃったよ俺!

 ダンス審査員は今日も大人気のようです(笑)

 だからどうした!のにけーさんから何故かバトンが回ってきました(^_^;。確かにQMAではアニゲの鬼扱いされていますが、以前のエントリーを見ての通り、ランダム2(漫画)だけは苦手なわけで…(^_^;。ゲームだったら山程語っているかもしれませんがヾ(^^;

 まぁ、そういう事を言っていても始まらないので、(あんまり面白くないと思いますが)書いてみましょうか。

1.現在本棚にある漫画の数は何冊?
500冊ぐらいですね。同人誌を含めても良ければ軽く倍以上に脹れ上がりますが(笑)


2.今、面白い漫画は?
さて困った。私は最近の漫画はさっぱりなもので、1つしか浮かびません(^^;

・ひだまりスケッチ
まんがタイムに連載されている作品ですが、まんがタイム自体は買っておらず、単行本が出るまで待っています(もっとも、現在1巻しか出ていませんが(^^;)。ほのぼの系4コマ漫画で、作者の蒼樹うめさんはねこねこソフトのHPで長いこと4コマ漫画「諸葛瑾」を連載しているだけあって、起承転結もしっかりしていて、ほのぼのしつつも笑えます。


3.最近買った漫画は?
聖闘士星矢 全巻

QMAで問題が出題された時、そういえば中途半端にしか読んでなかったなぁと思って帰りにちょこちょこ買って電車の中で読んでいたら1週間経たずに全巻揃ってしまいました(^^;。以前に同じ調子でキャプテン翼を揃えた前科あり。次は北斗の拳でも読んでみようかなぁと考え、古い漫画ばっかりだなと突っ込みを受けたり。


4.よく読む・思い入れのある漫画5つ

1・スーパードクターK
 手持ちの漫画の中で最も巻数の多い漫画(全44巻、続編のDoctor.Kを含めると54巻。K2は読んでないので除く)。私は医学に直接興味があるわけではないのですが、何故か楽しく読んでいました。今でもたまに読み返します。医学・薬学・生物学に関する雑学(あくまで雑学レベル)が少し身に付き、QMAでも役に立ったこともあります(^^;
 直接の続編にDoctor.K、さらにK2がありますが、K2は読んでいないので置いておくとして、Doctor.Kはイマイチ面白くありませんでした。

2・超機動暴発蹴球野郎リベロの武田
 サッカー漫画としては非常識の連発ですが、にわのまこと作だからその辺は気にしない(笑)。サッカー漫画としてより、ギャグ漫画として楽しみました。同じ作者のTHE MOMOTAROHも好き。BOMBER GIRLはイマイチ。

3・ついでにとんちんかん
 純粋なギャグ漫画としては一番好きです。どうも、最近の少年誌のギャグ漫画は私の肌には合わないようで、ギャグ漫画は古い作品ばかり挙げてしまいます(^^;

4・銀河英雄伝説
 原作は小説。漫画では小説(全10巻+外伝4巻。こちらも全巻所持)のうち、2巻までの内容しか描かれていません。とはいえ、分量が多めの小説なので全11巻。道原かつみの脚色がなかなか良し。登場人物にいろいろと考えさせられた作品。

5・カードキャプターさくら
 初めて手を出した少女漫画の作品。大きなお友達(笑)も一杯いる作品ではありますが、買うときはちょっと恥ずかしかった…(^_^;


5.次にバトンを回す5人
さて、もっと困りました。バトンを渡す以上はblogや日記などを持っていて、バトンを受取っていない人で、ここを見ている人でないと渡せませんが、そういった人の心当たりがほとんどありません(笑)。仕方ないので、ばにーに1本渡すとして(まぁ、拒否可)、残りはストップということで(^_^;。もし、これを見て書いたという方がいらっしゃいましたら、ご連絡頂ければ速攻で伺いますので、よろしくお願いしますヾ(^^;


結構、書くのに時間かかった…。

とりあえずクリア

安定させることができたら、次はアイマスの鬼ですかね(^^;

このアーカイブについて

このページには、2005年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年11月です。

次のアーカイブは2006年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ピコ@アロエ

自作ツール関連

リンク

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4