零下の巌窟 踏破

| コメント(4) | トラックバック(0)

 最初にお詫びなのですが、これを書き始めている段階で既に寝ないと明日に差し支えそうな時間となってしまっているので、コメント返しは明日以降ということでご了承下さいませm(_ _)m

 タイトルは協力プレーの話なのですが、まずはトナメから。今年のユリの誕生日は日曜、しかも協力や紫宝魔龍で本気で誕生日アイテムが欲しい人が集まりやすそうな環境は整っているため、上手くいけば私にもワンチャンあるかもと。


 が、最初のうちはユリ自体がほぼ釣れません。GTに近づくにつれて徐々にユリが増えてきましたが、私と同じことを考えている方も相当にいるようで、名だたるランカーをまとめて釣り上げてしまったりで結果として称号クラスでも容赦なく落とされる地獄絵図に(^_^;;


 こういう時に辛いのは誕生日イベント対象キャラであるユリ使いの人までまとめて落とされてしまい(この写真の決勝進出者にユリは0)、誕生日イベントという観点では誰も得をしない結果になることが非常に多いこと。勿論、私自身もその問題のの一部なので非常に複雑な気分ですが...。


 準決勝落ちを繰り返していたところに9ユリ、準決勝進出時点で6ユリという大チャンス到来。1問カンで拾えるというラッキーにより、区間賞でユリ誕生日記念も成立。


 既にアイテムを持っていた方2人が加減して下さったであろうこともあり、無事にバースデーどんぶりめしをゲット。装備してみたところですが、誕生日アイテムの食べ物としては異色のものだけに、ユリにはとても似合いそうな反面、それ以外のキャラで組み合わせるのは非常に難しそうな印象がありました。

 何にせよ、目当てのどんぶりめしは手に入ったので、これ以上の邪魔はしないように協力プレーへ。夜中のうちに情報は出ていましたが、今月は5-5-5の15エリア構成。エリア数が多い上に終盤の補給が難しい高難度パターンなので気合を入れる必要がありそうです。


 久々のマジペンギンかわいいよ(´Д`*)


 5エリアのボスはスノーメイガス。雪だるま型の魔法使いと考えて良さそうです。ダメージを与えると帽子がボロボロになるだけで、表情などに特に変化は無さそうです。


 10エリアボスはアイスゴーレム。これまでに何度か登場したゴーレムの青色バージョンで、ダメージを与えた時に体の一部が砕けるのも同様です。

 私は遭遇できませんでしたが、ここでオオマジペンギンの再登場がある模様。帽子を取り逃している方、モフモフしたい方(謎)はどうぞヾ(^^;


 そして15エリアのラスボスはホワイトキマイラでした。組み合わせがユキヒョウ、トナカイ、オオカミ、ヘビとギリシャ神話のキマイラと比べると色々と異色の内容となっています。ダメージを与えた場合、トナカイ部分の角が砕けるのみで、それ以外に変化は見られませんでした。トナカイ部分を見ていればすぐ分かりますが、全体的に少々分かりにくいボスかと思います。


 ホワイトキマイラは無事に1回で討伐。


 15エリア構成だけに踏破時の魔法石はかなりのものですが、デフォルト設定の場合は750円(割引とアイテム代は除く)と決して安くないだけに、インパクトがある以上のものではなさそうです。


 そして討伐報酬は何と4つ。ユキヒョウ柄のコート・ファー帽子・手袋(左右)のセットです。(PASELI購買部限定アイテムではありますが)既存アイテムの色違いが新規モンスターの討伐報酬に来るのは7の白銀審判以来と本当に久しぶりです。キャラによって似合う似合わないはあるでしょうが、セットで授与されるため、一式で使う分にはそれほど大ハズレな外見にはならないと思いますが。

-------------------------------------------
ピコ
黄金賢者六段(☆☆☆)→黄金賢者七段(☆☆☆)
キングドラゴン組
-------------------------------------------

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://vogel.cside7.com/weblog/mt-tb.cgi/1034

コメント(4)

おはようございます。マジペンギン可愛いですよね。もふもふしたいです。

ユリの誕生日杯では相手が現賢王のN氏、転生7回を誇るT氏、現賢将のP氏の3人とぶち当たり、4位という悔しい結果になってしまいました。

流石にこの3人では相手が悪すぎますよね。

次にあった時はもう少し抵抗できるように努力はしたいです。

勝つ?いやいやいや、無理!ですね(笑)

>>O氏の圧力さん
 個人的にはマジペンギンとマッシュル系(一押しはミズマッシュル)はQMAモンスター界のアイドルだと思っています(謎)。見るだけならQMASPでも見られるのですが、良く動くアーケード版の方がやはり良いですね。

>ユリの誕生日杯
 決勝行きが既に絶望的という他に逆立ちしても勝てそうにない3人と同席というのも精神的にキツいものがありますよね(´・ω・`)。初期と違って4位にさえならなければ貰えるということから、穴がある人がいる場合、それを突いて3位を狙えないか…という作戦もありだと思いますが、基本的に分の悪い勝負であることには違いないでしょうしね。

こんばんは、返信ありがとうございます。

アーケードにはアーケードの良さがありますが、マッシュルとマジペンギンは2強だと思います。それは同意見ですね。

ユリの誕生日杯ですが、申し上げた通り3人の穴はわかっていました。

だがそれぞれ武器を持っているうえ、実力は全国でも有数、なので私の武器である野球を投げましたが、それぞれの武器、レベル、経験値、実力をすべての面で実力差を見せつけられました。

タライこそは阻止しましたが、苦手ジャンルであるライフスタイルが連続で飛んできてからの文系多投は堪えました。

私自身が穴があるのでまだまだ鍛えないといけないなと勝負を終えてから思いましたね。

アイテムは惜しくも獲得できませんでしたが、これで終わりではありませんし、あきらめないでもう一度勝ち上がるしかありません。

何で全員配布じゃないのかいつも疑問に思います。

>>O氏の圧力さん
 誕生日アイテムの配布に関しては本当にやり方が拙いと思いますねぇ…。最近は新マップがありませんが、ストーリーとか設定に関して掘り下げられる良い機会としてアカデミーアドベンチャーででもイベントを行えば良いのに。グッドエンド報酬として配布すれば、余程のことが無ければ希望者全員が入手できるでしょうし。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Mr.Quickが2013年12月 2日 01:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「久しぶりのくまー」です。

次のブログ記事は「12月4日追加分の単語をツールに反映させました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ピコ@アロエ

自作ツール関連

リンク

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4